練習する時間がない時は・・・・・

こんばんは。

今日は、先日コメントを頂いたので、その件について・・・・

コメント内容は

『音階の練習ガンバってみます
毎日したほうがいい練習で、時間ある時と無い時の2通りの手順などもあれば教えていただきたいです』

とのこと。

そに方がどのようなレベルか、何時間練習しているのか分からないのでなんとも言えないのですが・・・・・

まず絶対に毎日練習する必要があるのは

1・鏡見ながら、ボーイング(テンポ♪=60で、一弓4拍) 最低5分

2・元だけの返しの練習(返すときにアクセントがつかないように)

3・クロイツェル2番 32番

4・音階 (ゆっくりゆっくり練習・・・・)

は毎日練習するのが上達の秘訣です。

時間があるときは

・クロイツェルの2番の17.20.23.25.26.27.29  6番  16番  21番  29番

<クロイツェルは、バイオリンの本当の基礎が分かりやすく解説入りで乗っています。このエチュードはずっと大人になっても必要なエチュードです。>

を練習してから、今出されている課題 (エチュードや曲) 練習するのがベストですね。

いわゆる基礎とウォーミングアップです。

あと、バイオリンはねじりの姿勢なので、終わったあとはストレッチすることをお薦めします。

頑張ってください!!

林こずえのバイオリン教室@東京

☆いいね&シェアお願いします

☆更新情報がいち早く届きます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − fourteen =